OSI参照モデル

OSI参照モデルとは

コンピュータがネットワーク通信を行う際に使用する機能を役割に応じて7つの階層に分けたモデル

詳細

種類が異なる機器間でのデータ通信を可能にするために、共通したネットワーク構造の設計方針であるOSIに基づき、ISOが機能を7つの階層モデルに分けた。

それがOSI参照モデルである

7つの階層を下記に示す。

アプリケーション層
ユーザが利用するサービスを提供する

SMTP、HTTP など

プレゼンテーション層
データの表現方法を規定する

EVPBCDIC、ASCII など

セション層
コネクションを管理する

開始、終了、動機、利用者識別 など

トランスポート層
通信の信頼性向上、透過的な通信を可能にする

誤り検知・訂正、再送制御、データ圧縮 など

ネットワーク層
端末間で通信するデータをネットワークを通じて配送する

ルーティングによる経路選択、IPアドレスを基にしたパケット配送 など

データリンク層
直接つながれた機器間でのデータを転送する

イーサネット、PPP、MACアドレスを基にしたフレーム転送 など

物理層
物理的・電気的な規定を行い、伝送を可能にする

ケーブルやピン、光通信などの形状・規格 など

上位のレイヤー(層)では、よりユーザに近い機能を提供しており

反対に下位のレイヤーでは、物理的な機能を提供している

但し、上位レイヤーは下位レイヤーの機能を前提としているため

下位レイヤーだけが繋がることはあっても、上位レイヤーだけが繋がることはない

例として暗号化に使用されるIPSecとSSL/TLSを比較する

IPSecはネットワーク層のプロトコルであり、TCPでもUDPでも暗号化することが可能だが

SSL/TLSはトランスポート層のプロトコルであり、UDPを暗号化することはできない

詳細はセキュリティ章で解説

ハルちゃんとリク先輩

私たちが普段利用しているネットワークではこのOSI参照モデルに沿って通信が行われているんですか?
実はそうではないんだ。

インターネットでの通信は主にTCP/IPが使用されており、デファクトスタンダードとなっているよ。

OSI参照モデルはあくまでも、役割を整理して、イメージしやすくする考え方であり、実際には使用されていないんだ。

次の章で、TCP/IPネットワークについて解説するね!