TCP/IP プロトコル群

TCP/IP レイヤー

TCP/IPプロトコル群 とは

インターネットでデファクトスタンダードとなっているTCPとIPを含む、標準的に使用されているプロトコルをまとめた総称

【詳細】

TCP/IPは現在のインターネットで使用されている標準的なプロトコルである。
プロトコルの役割ごとに4つの層に分かれており、それぞれOSI参照モデルの各層と対応している。

TCP/IP レイヤー
アプリケーション層

OSI参照モデルのセション層以上に対応

各種サービスの機能を提供する

例:HTTP,SNMP、SNMP、POP

 

トランスポート層

OSI参照モデルのトランスポート層に対応

データ通信の信頼性確保や、ポート番号の指定を行う

TCPでは信頼性確保、UDPでは高速通信に重点を置いている

例:TCP,UDP

インターネット層

OSI参照モデルのネットワーク層に対応

ネットワーク間での通信に使用される

端末の位置情報を示すIPアドレスをもとにデータを転送する

例:IP、OSPF

ネットワークインターフェース層

OSI参照モデルのデータリンク層と物理層に対応

直接接続されている機器のデータ通信に使用される

物理アドレス(MACアドレス)をもとにデータを転送する

例:Ethernet,PPP

送信時には各層で、ヘッダを付与し、カプセル化を行う

受信時には、ヘッダを取り除き(非カプセル化)、データを読み込んでいく

ヘッダ付与

ハルちゃんとリク先輩

ヘッダの中身とか構造の理解って、なんとなく避けてしまうんですよね

いろいろなフィールドがあり、覚えるのが億劫になるよね

ヘッダの中身がネスぺ合格のためには非常に重要なんだ

最低限下記は覚えておこう

詳細はそれぞれの章で説明するね